STAFF

北村ポーリン Pauline Kitamura アドベンチャーディバズ代表

カナダ出身の日系3世。母国語は英語。アウトドアで遊ぶこと、冒険することが大好きで、アドベンチャーディバズの仕掛け人でもある。2002年に来日後、外資系勤務を経て、アウトドアをもっとたくさんの人々に楽しんでもらいたいと思い、2008年にディバズを立ち上げる。アドベンチャーレース出場多数、OMM、分水嶺、PTLなど国内外で長距離トレイルレースにも積極的に参加。ウィルダネス・ファーストエイド(WFA)(SlipStream)50h資格取得。

 

小原久典(ハリー)Harry Ohara   COO & 財務管理・総務担当

根っからの会社人間だったが、2009年に脱サラして、奥さんが運営するアウトドア企画会社であるアドベンチャーディバズに入社。サラリーマン時代は北米生活が長く、バックカントリーキャンピングやカヤックでアウトドアの楽しさを知る。 ディバズの料理担当で、おいしい山料理を楽しみにディバズイベントに参加する人も多い。

  

木村大志(キム)Hiroshi Kimura   

秋田県出身、2018年4月にアドベンチャーディバズ入社。高校時代はノルディックスキー複合競技に取り組み、卒業後は秋田自衛隊に入隊。その後新潟にあるアウトドア専門学校に入学し、アウトドアスポーツ全般の指導方法を学ぶ。最近はトレイルランの面白さにはまり、信越五岳、斑尾フォレスト、スパトレイルなどで上位入賞を果たし、これからが楽しみな若手有望株。今は人生初の東京暮らしがもっとも不安。2018年上州武尊山スカイビュートレイル(120km)6位入賞。

「funmee!!(ファンミー)」でトレイルラン初挑戦の方の講師を担当したレポートはこちら

  


樺澤秀近 

Hidechika Kabasawa

神奈川県出身。本職はシステムエンジニアだが、天文・スキー・マラソンと多趣味。とりわけ砂漠ランナーとして知られており、たびたびメディアの取材を受けている。これまで走った砂漠はサハラ(エジプト・モロッコ)、アタカマ、ゴビ、南極。2017年には、総距離566kmの北極圏レースも完走。こだわりの視点でトレイルランをリードする。

<担当>ファンファントレイルラン


小泉成行 

Shigeyuki Koizumi

愛媛県出身、静岡在住。オリエンテーリング日本代表として世界大会に何度も出場。2010年にはアジアチャンピオン。近年は現役を続けながらも、地図読みの啓蒙と後進の育成も意識し、各地の読図講習会の講師や、ロゲイニング大会のコースディレクターを務める。OMMのコースプランナーでもあり、ナビゲーションのエキスパートとして活躍中。 

 <担当>ぐるぐるナビ


寺垣内航 

Wataru Teragauchi

広島県出身。学生時代に道なき道を走るオリエンテーリングにはまり、国内外の大会で優勝、入賞多数。日本代表選手でバリバリの現役で、最近は競技の傍ら、地図作成や大会運営にも携わる。OMM JAPAN 2016 のストレートロングで3位入賞、OMOのソロ部門チャンピオン。海外大会では先輩格の小泉成行とチームを組むことも多い。

 <担当>ぐるぐるナビ



星野緑   

Midori Hoshino

埼玉県出身、群馬県川場村在住。元々はスキーの国体選手だったが、引退後はトレイルランを始め、TJAR完走、09年ハセツネで優勝するなどトップ選手として実績を重ね、ディバズのFUNFUNナビゲーターも務めた。その後子育てに忙しく競技から遠ざかっていたが、最近見事に復活、楽しみながら競技を続けている

 <担当>シンデレラトレイルラン


常田めぐみ   

Megumi Tokita

京都府出身、在住。小学校教諭として働きながら、関西をはじめ全国のトレイルラン大会に出場し入賞多数、最近はゲストランナーとして招かれることも多い人気のキャラクター。地元関西で女性限定トレイルラン講習会を開催したり、全国各地の大会運営にも積極的に関わっている。

<担当>シンデレラトレイルラン

 


望月千幸   

Chiyuki Mochizuki

長崎県出身、在住。昨年まで実業団選手として活躍、別府大分毎日マラソン4回優勝、2014年、2015年とサロマ湖ウルトラ2年連続優勝などロードの実績は十分。トレイルラン転向後は、2017年9月の白馬国際ロングでいきなり優勝を飾り華々しいデビューを果たした。2018年霧島・えびの高原エクストリームトレイル優勝。今後のトレイルでの活躍が楽しみ。

<担当>シンデレラトレイルラン



コーリン・ウィリアムズ   

Corinne Williams

米国出身、沖縄県在住。

 在日米軍に駐留する夫とともに来日後、子育てしながら本格的にトレイルランを始める。2015年信越五岳優勝、2017年ITJで3位入賞など、メキメキと頭角を現しつつある。Borneo TMBT Ultra Trail Marathon優勝。

<担当>シンデレラトレイルラン



柏澄子

Sumiko Kashiwa  

千葉県出身。根っからのヤマヤで、(社)日本山岳ガイド協会公認登山ガイド。女性視点からの登山啓蒙に努め、講習会やツアーなどで積極的に活動。チョ・オユー(ヒマラヤ・8,201m)登頂のほか国内外の経験も豊富で同業のガイドからの信頼も厚い。山岳ライターでもあり、著書多数。 

<担当>テントむし山旅

 


中西公洋   

Koyo Nakanishi

京都府出身。若い頃から東南アジアをはじめ世界中を放浪し、そのスリリングな体験談は一晩中聞いても尽きることはない。現在は滋賀県の高島市を拠点に登山ガイドとして活動、関西の山々からアルプスまでこだわりのルートでお客さんを楽しませる。(社)日本山岳ガイド協会公認登山ガイド。 

<担当>テントむし山旅


宮下慈子 

Chikako Miyashita

埼玉県育ち、山梨県在住。プロスノーボーダーとして活躍するうちに森への関心に目覚め、引退後は富士山の麓で野外活動の仕事に就く。現在は河口湖を拠点に登山ガイドとして活動。夏の最盛期は、週に何度も富士山にお客さんを案内する。(社)日本山岳ガイド協会公認登山ガイド。

 <担当>テントむし山旅

 



菅野由起子   

Yukiko Kanno

神奈川県出身。社会人山岳会から始めて、海外遠征を含むさまざまな山登りを経験し、現在は新潟を拠点に登山ガイドとして活動。(社)日本山岳ガイド協会公認登山ガイド。ウィルダネス・ファーストエイド(WFA)資格(SlipStream)50h取得。国際自然環境アウトドア専門学校(i-nac)・山岳プロ学科非常勤講師。

 <担当>テントむし山旅


倉原卓也   

Takuya Kurahara

大分県出身。伊豆アドベンチャーに憧れ、学生時代は学業そっちのけで伊豆でガイド修行に明け暮れる。自衛隊勤務を経て現在はガイド会社を運営し、河津を拠点にキャニオニングやトレイルランで、お客さんに第二の故郷伊豆の素晴らしさを伝える。UTMFではコース設定担当のキーパースンでもある。

<担当>テントむし山旅

 


西川遼馬   

Ryoma Nishikawa

長野県出身。生まれも育ちも長野県飯山で、若者の力で地元を盛り上げ、その良さを多くの人に知ってもらいたいと強く願っている。大学卒業後は斑尾高原「山の家」で長く働いていたが、一昨年山を下りて、現在は飯山の町なかで、大学でもともと専攻していた福祉関係の団体に勤務する。

<担当>長野・信越エリア、スノーシュー