テントむし山旅!高島トレイル(滋賀・京都・福井)

2017年5月2日(水)~ 7日(日) 

若狭湾と琵琶湖を望むロングトレイルに挑戦(5泊6日)


東の信越トレイルに対して西の高島トレイル・・。

よく整備されて歩く人も多い信越に比べて、太平洋側と日本海側を隔てる中央分水嶺を通る高島トレイルは、不明瞭なセクションもあって良い意味でワイルド感が満載です。標高は1000mに満たないのに、冬は雪に夏はヤブに覆われてエスケープルートも少なく、トイレや水場も限られます。誰もが気軽に歩けるコースではなく、それだけに挑戦し甲斐のあるロングトレイルです。太平洋側には琵琶湖、日本海側には敦賀湾や若狭湾を望み、変化に富んだ気候や植生が最大の魅力です。

初挑戦となった昨年は4泊5日の無補給スルーハイクでしたが、今年はもう少しゆとりを持って5泊6日に、しかも後半部分はテント場にサポート車を入れて、ある程度のテント泊経験のある方ならどなたでも参加できるようにしました!しかも車サポートが付いて、展望が開ける後半部分だけの「イイトコ取り参加」もOK!昨年に引き続き高島トレイルを知り尽くす地元ガイドの中西公洋がメインナビゲーターを務めます。

決まったテント場がなく、その日の天候や自分の体調と相談しながら自己責任でその晩のねぐらを決めるのも、日本では珍しい高島トレイルの特色。みごと全コース80kmを踏破したら、ご自分のサバイバル能力は格段にアップするでしょう。

ゴールデンウィークにたっぷり思い出を作るなら、ハワイでもアジアでもなく高島トレイルで決まりです!!

 

2016年トリップのフォトアルバムはこちらをご覧下さい♪  ⇒ALBUMN    ※音声付


イベント詳細

集合

5/2(火)10:00  JR湖西線・安曇川駅

集合場所からバスを乗り継ぎ、全員で登山口の桑原橋まで移動します。(バス代をご用意下さい)

 

<途中参加の場合>

5/4(木・祝)15:30 西日本JRバス・若江線「保坂」バス停

保坂バス停から水坂峠(キャンプ地)まではスタッフ車でご案内します。 

ゴール

5/7(日)14:00 愛発越(あらちごえ)国境スキー場入口

ゴールから温泉のある「マキノ高原さらさ」までは乗合いバスで移動(バス代500円程度)

アクセス

往路

5/2(火)

6:43東京発8:58京都着(のぞみ#201)

9:13京都発→9:56安曇川着(JR湖西線)

10:40安曇川発→11:06朽木支所前着(江若バス)¥740

11:27朽木支所前発→12:16桑原橋着(高島市営バス)¥220

 

往路(途中参加)

5/4(木・祝)

13:45京都発→14:34近江今津着(JR湖西線)

14:45近江今津発→15:05保坂着(若江バス)¥610

 

復路

5/7(日)

16:18マキノ高原さらさ発→16:37マキノ駅着(高島市営バス)¥220

16:51マキノ発→17:01近江塩津着(JR湖西線 新快速・敦賀行き)

17:05近江塩津発→17:42米原着(JR北陸本線 新快速・播州赤穂行き)

17:58米原発→20:10東京着(ひかり#530)

温泉

マキノ高原温泉さらさ  入浴料700円

滋賀県高島市マキノ町牧野931-3  TEL:0740-27-8126

http://www.makinokougen.co.jp/publics/index/9/

 コース概要

距離:約80km(6日間)、最大標高:974m(三重嶽)

 

《1日目》 

桑原橋→三国岳→地蔵峠(泊)/行程10km

バス停から杉林の中を400mほど登って縦走路に取りつく。ブナの天然林を楽しみつつ三国岳を経て地蔵峠へ。

《2日目》

地蔵峠→おにゅう峠→百里岳→木地山峠→桜谷山(泊)/行程13km

登り返して頻繁なアップダウンを繰り返しながら稜線を北へ進む。ところどころで若狭湾や比良山系、琵琶湖の眺望に励まされる。木地山峠の水場で水を補給し展望の良い桜谷山までひと登り。

《3日目》

桜谷山→駒ヶ岳→横谷峠→行者山→桜峠→水坂峠(泊)/行程20km

ブナの原生林の中、前日に引続き稜線を進む。前半は下り基調だが細かい起伏が多くて気が抜けない。後半は一部車道を歩く。水坂峠で車サポートあり。(途中参加者はここで合流) 

《4日目》

水坂峠→武奈ヶ岳→三重獄→大日尾根→大御影山→抜土(泊)/行程19km

水坂峠から武奈ヶ岳、三重嶽ときついアップダウンで、6日間を通じ最もハードな行程となる。美しいブナの原生林と絶景ポイントを励みに抜土まで頑張ろう。

《5日目》

抜土→大谷山→粟柄越→三国山→黒河峠(ゴール)/行程10km

次第に風景も開けて高島トレイルのメジャー部分となり、ようやく他のハイカーともすれ違うようになる。敦賀湾や琵琶湖の絶景ポイントを楽しみつつ、黒河峠まで下る。

《6日目》

黒河峠→芦原岳→乗鞍岳北尾根→愛発越(ゴール)/行程8km

登り返して芦原岳、乗鞍岳と素晴らしい眺望が続く。北に敦賀湾、南に琵琶湖を眺めながらゴールの愛発越を目指す。最後は国境スキー場のゲレンデを下る。

 

※高島トレイルは定められたテント場がありません。上記の宿泊場所は目安で、天候や体調と相談しながらその日の行程を柔軟に決めます。

レベルと参加条件

体力★★★★★5、 技術★★★★4              ⇒レベルの説明

今回の高島トレイルは、標高が1000m以下と低いとは言え、6日間で80kmの長丁場で細かい起伏が際限なく続き、一部不明瞭なトレイルもある。最初の2日間は無補給で、3日目のテント場から車サポートが入る。

参加者全員が安全にトリップを楽しめるよう、参加者の方には以下の条件を満たすようお願いします。

 ・1日に8時間程度歩き続ける体力があること

 ・過去に「テントむし山旅」に参加経験がある、もしくは同等のテント泊経験があること

※なお、3日目夜からの途中参加される場合は、それ以降毎日テント場で車サポートによる補給を受けられるので、テント泊のための装備を車に預けて日帰りハイキングの装備で歩くことが出来ます。

装備・持ち物

必要な個人装備について下記「持ち物」リストをご確認下さい。

装備などの不安やご質問のある方は、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。 

レンタル

テント、寝袋、大型バックパック(60L)、バーナー&鍋セットのレンタルがあります。

レンタルの詳細についてこちらをご覧下さい。

テント
  • テント場スペースに限りがあるため、テントはできるだけ共用して頂くようご協力をお願いします。
  • ご自分のテントに他の参加者受入れOKの場合は、申込み時にその旨お申し出下さい。(参加者同士で共用の場合も同様)
  • テントシェアをして頂ける場合は、テナント料としてイベント当日800円をお支払いします。
  • テントごとの部屋割りは、最終案内でご連絡します。

食事と飲料

  • 朝夕食の各5食分の食材と調理道具は主催者が準備します。 食材はスタッフ車で運びます。
  • 夕食・朝食は参加者全員で作ります(楽しい共同作業です!) 
  • 主食のご飯は各自作って頂きますので、自分のバーナー・燃料・鍋とお米(無洗米またはアルファ米)をご持参下さい。
  • 食事のメニューは、当日5日前までにメールで送る最終案内にて事前にご案内します。食べられない物、アレルギーなどありましたらお知らせ下さい。
  • 昼食および行動食は、菓子パンやおにぎりなどを各自ご持参下さい。まとまった昼食時間は設けないので、調理が不要で小分けして食べられるものをご用意下さい。
  • 飲み物は各自お好きなものを持参し、ご自分のバーナーとなべでお湯を沸かして作って下さい。
  • 高島トレイルは水場が少なく、あっても煮沸または浄水が必要です。スタッフが共同装備として浄水器を用意しますが、毎日の行動中は水を多めに持つようにお願いします。 
ナビゲーター

中西公洋、小原久典、北村ポーリン

スタッフプロフィールはこちらから♪

参加費

5泊6日: 52,000円、5/4夕からの途中参加(3泊3日): 33,000円

含まれるもの: ガイド料、テント場使用料、朝夕食の食材、保険料

含まれないもの: 現地までの交通費、入浴料

※コースへのアクセスが限られるため、5/4夜以外の途中合流、途中解散は不可です。

定員

15名 (先着順)

お申込み

2017年2月1日(水)~4月24日(月)

支払い方法: 銀行振込、クレジットカード(Visa, Master) *参加費の振込み確認をもって受付完了とします。

持ち物

道具・装備

ザック(60L程度) 

山岳用テント 

寝袋 

寝袋マット 

ヘッドランプ&予備電池 

救急セット 

地図&コンパス *1 

浄水器(あれば)

 

その他

洗面道具・タオル  

トイレットペーパー

ウェア

登山靴(防水) 

レインウェア上下 *2 

防寒着(ダウンジャケット・フリース) *3

登山用ウェア

アンダーウェア(ウールまたは化繊) *3

靴下 

手袋、帽子 

着替え一式 

 

 

 

調理道具・食器

バーナー &燃料&鍋*4

小さいナイフ

食器類(ボール・皿) 

カップ(飲み物用) 

お箸、スプーンなど 

ゴミ袋 

  

食料・水

食料*5

水と容器*4

行動食

注意事項・装備について

  1. 地図は2万5千分の1の「中央分水嶺・高島トレイル」 です。
    ご希望の方にはまとめて注文して事前にお送りします。(郵送料込み1250円)
    地図のお申込みはこちらから http://adventure-divas.shop-pro.jp/?pid=115926196
  2. レインウェアは防水性のしっかりしたもの上下を持ってきて下さい。
  3. 防寒具はフリースやダウンジャケットなど、靴下予備、ウールもしくは化繊のアンダーウェア、最低限の着替えをご持参下さい。
  4. 高島トレイルは水場が限られており、テント場にない場合もあります。水の持ち運びのためにハイドレーションやナルゲンボトルなどの容器をご持参下さい。
  5. 6日分の昼食と行動食を各自ご用意下さい。途中で買えるところはありません。なお、食料は2日目以降、車に預けることが出来ます。 

上述の「コース概要」にある通り、毎日長距離を歩くので、体への負担軽減のため装備の軽量化は必須です。


5/2-7(フル参加)

☟     ・              

 5/4-7(途中参加)

      ☟


お申込みの際に下記を必ずお読みください:

 

承諾書 お申込みされる前に承諾書を確認し、承諾された上でお申込み下さい。 承諾書はこちらから
最終案内 5日前までに当日の確認/注意事項を案内する最終案内メールをお送りします。お申込み時に登録されたメールアドレスに送りますが、特に携帯メールアドレスだと迷惑メールと間違えられ、届かない場合もあります。案内が届いてない場合、大変お手数ですがshop@adventure-divas.comまでご連絡下さい。
キャンセル

お申込み確定後にお客様の都合によりキャンセルされる場合は、以下の条件が適用されますので御了承願います。

・ 事務手数料: 2,000円

・ キャンセル料: 当日100% 前日50% 2日前40% 3日前30% 4日前以前0%

上記料金を差引いた金額に相当するポイントを、お客様のアカウントに還元します。

現金での返金は致しかねますのでご了承下さい。 キャンセルポリシーとポイント還元についてこちらをご確認下さい

中止の連絡 雨天決行ですが、台風など明らかな悪天により中止となる場合もあります。その判断は前日の午後9時までに行い、ウェブサイトとメールでお知らせします。また、天候その他自然条件によりコース等変更になる場合もあります。
スケジュール 大幅なスケジュール変更なきよう最善を尽くしますが、アウトドアイベントの性格上、終了時間はあくまで目安とご理解頂き、当日のご予定に無理がないようご協力お願いします。
保険 万が一のために、保険に加入しております。保険内容はこちらでご確認下さい