テントむし山旅!鈴鹿山脈/御在所岳(滋賀県・三重県)

2016年11月25日(土)~ 26日(日) 

信長の古道歩きと晩秋のたき火を楽しむ(1泊2日)


冬が間近の晩秋、鈴鹿山脈の歴史の道「千種越え」を辿ります。

 

かつて近江から鈴鹿の山を越え伊勢に至る街道がいくつもありました。
今回の舞台となる「千種越え」は、織田信長が鉄砲で狙撃され、蓮如上人が比叡の僧に追われたとも言われる古道で、道中にはシデ大樹の古木並木や数百人が暮らしていた鉱山跡などが見られ、自然と歴史の奥深さをしみじみと感じさせてくれます。

 

一日目は「鈴鹿の秘境」と言われ知る人ぞ知るイブネを訪れます。台地上の山頂はまさに緑の楽園、自然が織りなす日本庭園です。「苔の絨毯に護られた天空庭園」と称されるのにも頷けます。テント場の鉱山跡はここで暮らしの営みがあったとは思えないくらい山深い場所です。枯れ枝や落ち葉を集めたき火を楽しみましょう。
二日目は美しい渓流の道を辿り、日本二百名山の御在所岳へと向かいます。山頂付近はこれまでの静寂とはうって変わり賑やかな世界です。下山は山麓の湯の山温泉に向かい中道を歩きます。キレット、地蔵岩、負ばれ岩など奇岩が多く、展望の良い尾根道を下り切ると開湯1300年の歴史を誇る湯の山の温泉街です。

 

ご案内するのは、関西を拠点にロングトレイルをガイドする中西公洋、鈴鹿山脈エリアは自分の庭のように知り尽くしています。また、夜は鉱山跡でのたき火なので、(お芋やマシュマロなど)マイ焼き物を持参して頂くと楽しいです。

紅葉も終わって山に静けさが戻るこの時期、テントむしならではの《おとなの山旅》をご一緒しませんか?

 

 


ツアー詳細

集合

11/25(土) 10:10  近江鉄道・八日市線 八日市駅

登山口までは全員でタクシー相乗りで移動(タクシー代は一人当り2000円程度)

解散

11/26(日) 15:00(予定) 湯の山温泉

アクセス

《往路》

6:30東京発→8:11名古屋着(新幹線のぞみ5号)、8:20名古屋発→8:48米原着(新幹線ひかり501号)、
9:08米原発→9:35近江八幡着(JR琵琶湖線快速)、9:44近江八幡発→10:02八日市着(近江鉄道・八日市線)

《復路》

湯の山温泉→名古屋駅行き高速バス 15:15発→16:23着、16:15→17:23、17:15→18:23

三重交通 1350円  http://www.sanco.co.jp/highway/yokkanagoya/

解散後の温泉

彩向陽 入浴料500円

三重県三重郡菰野町菰野8497  TEL:059-392-3135

http://www.gh-koyo.jp/onsen.html

 コース概要

歩行距離: 約20km(2日間)

最大標高:1,209m(御在所岳)

 

《1日目》

甲津畑~千種越え~杉峠~イブネ~杉峠~御池鉱山旧跡(泊)

距離: 約11km / 時間: 約4時間30分

八日市駅集合後、タクシー相乗りで登山口まで移動

イブネ往復以外は古道歩きでなだらかな道のり、イブネへは杉峠に荷物をデポしての往復。

イブネ山頂は苔むしたなだらかな地形で、鈴鹿山脈の全景が楽しめる。

 

《2日目》

御池鉱山旧跡~根の平峠~国見岳~御在所岳~山上公園~湯の山温泉(Goal)

距離: 約9km / 時間: 約7時間30分

テント場から根の平峠間は沢伝いの道で、渡渉もある下り。根の平峠から国見岳へ登った後、国見峠を経て御在所岳山頂まで。山上公園でゆっくりした後は、奇岩の多い中道経由でゴールの湯の山温泉へと下る。

レベル

体力★★2、 技術★★2              ⇒レベルの説明

2日間続けてテント泊のフルザックを背負って登山道を体力が求められる。コースは全体的になだらかで危険個所もないので、特別なスキルは必要ありません。テント場は森の中の安全な場所なので、テント泊初心者でも安心です。

装備・持ち物

必要な個人装備について下記「持ち物」リストをご確認下さい。装備などの不安やご質問のある方は、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。 

レンタル

テント、寝袋、大型バックパック(60L)、バーナー&鍋セットのレンタルがあります。数に限りがありますので早目にお申込み下さい。レンタルの詳細についてこちらをご覧下さい。

テント
  • テント場のスペースに限りがあるため、テントはできるだけ共用して頂くようご協力をお願いします。 
  • ご自分のテントに他の参加者受入れOKの場合は、申込み時にその旨お申し出下さい。(参加者同士で共用の場合も同様) 
  • テントシェアをして頂ける場合は、テナント料としてイベント当日800円をお支払いします。 
  • テントごとの部屋割りは、最終案内でご連絡します。 

共同装備

食事

  • 1日目の夕食と2日目の朝の食材と調理道具は主催者が準備します。
  • 夕食・朝食は参加者全員で作ります(楽しい共同作業です!) 
  • 主食のご飯は各自作って頂きますので、自分のバーナー・燃料・鍋とお米(無洗米またはアルファ米)をご持参下さい。 
  • 食事のメニューは、当日5日前までにメールで送る最終案内にて事前にご案内します。食べられない物、アレルギーなどありましたらお知らせ下さい。
  • 行動食:昼食および行動食は、菓子パンやおにぎりなどを各自ご持参下さい。まとまった昼食時間は設けないので、調理が不要で小分けして食べられるものをご用意下さい。
  • 飲み物:各自お好きなものを持参し、ご自分のバーナーと鍋でお湯を沸かして作って下さい。(主催者側での飲み物の用意はありません)
ナビゲーター

中西公洋、北村ポーリン、小原久典

参加費

25,000円

含まれるもの:夕食と朝食用の食材、保険料

含まれないもの:現地までの交通費、現地でのバス・タクシー代、初日の朝食と2日間の昼食、温泉代  

定員

15名 (先着順)

お申込み

2017年7月12日(水)~11月20日(月)

支払い方法: 銀行振込、クレジットカード(Visa, Master) *参加費の振込み確認をもって受付完了とします。

持ち物

道具・装備

★ザック(60L程度) 

★山岳用テント 

★寝袋 

★寝袋マット 

ヘッドランプ&予備電池 

救急セット 

地図&コンパス *2 

 

その他

洗面道具・タオル  

トイレットペーパー

 

ウェア

登山靴(防水) 

レインウェア上下 *3 

防寒着(ダウンジャケット・フリース) *4

登山用ウェア

アンダーウェア(ウールまたは化繊) *4

厚手靴下(予備最低1足) 

手袋/グローブ 

帽子 

着替え一式 

 

 

 

調理道具・食器

★バーナー &燃料&鍋

小さいナイフ

食器類(ボール・皿) 

カップ(飲み物用) 

お箸、スプーンなど 

ゴミ袋 

  

食料・水

食料

夕食用の米(アルファ米 or 無洗米)  

2日分の昼食・行動食 

水 *5

 ★レンタルあります

注意事項・装備について

  1. 個人の装備は必要最低限のものを用意し、軽量化にも気を配って下さい。
  2. 地図は山と高原地図「御在所・霊仙・伊吹」。
  3. レインウェアは防水性のしっかりしたもの上下を持ってきて下さい。
  4. 防寒具はフリースやダウンジャケットなど、靴下予備、ウールもしくは化繊のアンダーウェア、最低限の着替えをご持参下さい。
  5. テント場の水は煮沸または浄水が必要です(主催者側で浄水器を用意しますが、お持ちの方はご用意頂くと便利です)。 

防寒対策/あったら便利な物

浄水器、ストック、テルモス 、テントマット 、ザックカバーなど


お申込みの際に下記を必ずお読みください:

 

承諾書 お申込みされる前に承諾書を確認し、承諾された上でお申込み下さい。 承諾書はこちらから
最終案内 5日前までに当日の確認/注意事項を案内する最終案内メールをお送りします。お申込み時に登録されたメールアドレスに送りますが、特に携帯メールアドレスだと迷惑メールと間違えられ、届かない場合もあります。案内が届いてない場合、大変お手数ですがshop@adventure-divas.comまでご連絡下さい。
キャンセル

お申込み確定後にお客様の都合によりキャンセルされる場合は、以下の条件が適用されますので御了承願います。

・ 事務手数料: 2,000円

・ キャンセル料: 当日100% 前日50% 2日前40% 3日前30% 4日前以前0%

上記料金を差引いた金額に相当するポイントを、お客様のアカウントに還元します。

現金での返金は致しかねますのでご了承下さい。 キャンセルポリシーとポイント還元についてこちらをご確認下さい

中止の連絡 雨天決行ですが、台風など明らかな悪天により中止となる場合もあります。その判断は前日の午後9時までに行い、ウェブサイトとメールでお知らせします。また、天候その他自然条件によりコース等変更になる場合もあります。
スケジュール 大幅なスケジュール変更なきよう最善を尽くしますが、アウトドアイベントの性格上、終了時間はあくまで目安とご理解頂き、当日のご予定に無理がないようご協力お願いします。
保険 万が一のために、保険に加入しております。保険内容はこちらでご確認下さい