会津国立公園の百名山三山制覇(福島県)

2019年8月23日(金)~25日(日)

会津駒ヶ岳~燧ヶ岳~至仏山縦走!(2泊3日)

今回はテント泊でないテントむし!?

 

尾瀬国立公園の三つの百名山(会津駒ヶ岳、燧ヶ岳、至仏山)を繋げた壮大なルートを縦走します。

いずれも人気の山で一つ一つは決して困難な山ではありませんが、一日ひと山はしっかりとした脚力と持久力を要求される大きなチャレンジです。

それぞれの山頂から眺める絶景はもちろん感動的ですが、途中の森や湿原など、刻々と変化していく景色も歩いていて決して飽きることがありません。

夏の尾瀬では、ニッコウキスゲ、コオニユリ、ヤナギラン、ヒツジグサなど、色鮮やかな多種の花々も見逃せない楽しみです。

 

そして宿泊はテントではなく山小屋泊!

初日の駒の小屋は会津駒ヶ岳の直下に位置し、電気もガスもない不便な場所ですが、管理人さんご夫婦の温かい人柄も相まって、ランプの宿としてコアなファンの多い人気の小屋です。

また2日目に泊まる原の小屋は尾瀬湿原の東端にあり、お風呂と美味しい食事が疲れたカラダを優しく癒してくれます。小屋番の萩原さん(ハギちゃん)は元々ディバズイベントでずっとナビゲーターを務めてくれていた旧知の仲で、頼れる山男です。

集合

2019年8月23日(金) 11:00  駒ヶ岳登山口(滝沢登山口)バス停

解散

2019年8月25日(日) 16:00(予定) 戸倉駐車場

15:00鳩待峠ゴール予定、その後全員でバスで戸倉まで行きます。(15:20発、戸倉まで約35分、980円)

ゴール後の温泉

尾瀬ぷらり館「戸倉の湯」 入湯料:500円 (戸倉バス停/駐車場すぐ)
群馬県利根郡片品村戸倉736-1 TEL:0278-58-7263

http://www.tepco.co.jp/oze/iku/purari/index-j.html

アクセス

《往路》

6:30浅草発 → 6:42北千住 → 7:03春日部 → 9:22会津高原尾瀬口着(東武特急リバティ会津101号)

9:40会津高原尾瀬口駅発 → 10:48駒ヶ岳登山口着(会津バス)

 or

前泊: 尾瀬檜枝岐温泉 そばと山人料理の宿 「こまどり」 
福島県南会津郡檜枝岐村字滝沢1052-1  TEL (0241)75-2082
http://www17.plala.or.jp/komadori/ryoukin.html

※会津駒が岳登山口バス停の真ん前、そばと日本酒の美味しい宿です♪


  《復路》

16:02戸倉発 → 17:29沼田駅前着(関越交通バス、2050円)、18:01沼田発 → 18:48高崎着(JR高崎線・高崎行き)

19:10高崎発 → 20:00東京着(JR新幹線・はくたか572号・東京行き)

 or

17:15戸倉発 → 18:37沼田駅前着(関越交通バス)、19:01沼田発 → 19:48高崎着(JR高崎線・高崎行き)

19:59高崎発 → 20:52東京着(JR新幹線・あさま630号・東京行き)

 コース概要

歩行距離: 約37km(3日間) 、最大標高: 2,346m(燧ヶ岳)、累計標高: 上り 約 3090m、下り 約2440m

 

《1日目》 

駒ヶ岳登山口〜駒の小屋〜会津駒ヶ岳〜駒の小屋(泊)

歩行距離: 約 6km / 歩行時間: 約 5時間

登山口から森の中をずっと登る。駒の小屋到着したら荷物を軽くして会津駒までピストン。

 

《2日目》

駒の小屋〜大津岐峠〜大杉岳〜尾瀬御池~燧ヶ岳~原の小屋(泊)

歩行距離: 約 18km / 歩行時間: 約 12時間

今回のハイライトコース。稜線上の木道を歩いて大杉岳を経ていったん御池に下る。御池で車サポートあるので、一息入れたら燧ヶ岳まで一気に登る。山頂からの絶景を堪能したら尾瀬ヶ原の湿原まで下っていく。

 

《3日目》 

原の小屋〜牛首分岐~山ノ鼻~至仏山〜悪沢岳分岐〜鳩待峠(ゴール)

歩行距離: 約 13km / 歩行時間: 約 7.5時間

最初は尾瀬ヶ原の木道歩き。前後の燧と至仏が見える絶景。山ノ鼻から3つ目の百名山・至仏山に取り付く。途中は岩稜帯ならでは高山植物が美しく、山頂からは尾瀬ヶ原と燧ヶ岳の展望が素晴らしい。そのまま展望の良い稜線を南下し、反時計回りに鳩待峠まで下る。

宿泊

8/23(金):駒の小屋 080-2024-5375 料金3000円(素泊まり) http://komanokoya.com/

8/24(土):原の小屋 090-8921-8314 料金9000円(2食付き) http://www.oze-haranokoya.com/information/

※部屋は男女別の相部屋となります。

※宿泊料金はそれぞれチェックイン時に徴収させて頂きます。

レベル

体力★★★★4、 技術★★★3  ⇒レベルの説明

1日約8時間程度山を歩く体力が必要です。今回はテント泊でないので、荷物を軽くして長く歩くことに徹する。危険個所はないので特別なスキルは必要としないが、とにかく3日間の長丁場なので、安定したペースで着実に歩くことが大切。

装備・持ち物

・ 道具・装備
ザック(30-40㍑)、ヘッドランプ&予備電池、救急セット

・ ウェア
登山靴、レインウェア(上下)、防寒着、手袋、帽子

・ 調理道具・食器
バーナー&燃料&鍋★、小型ナイフ、まな板、食器類(ボール・カップ)、箸&スプーン、ゴミ袋

・ 飲食料
初日の夕食、2日目の朝食、3日分の昼食・行動食(おにぎりや菓子パン)、水(行動中の分)

・ その他
洗面道具、タオル、トイレットペーパー、着替え一式、地図(昭文社「尾瀬」)

※2日間とも小屋に寝具はあるので、テントと寝袋は不要です。

※初日の駒の小屋は素泊まりなので、夕食と朝食はご自身でご用意ください。

※2日目は御池に降りたところで車サポートあり、ご自分の荷物の出し入れ可能です。ゴール後の着替えも預けられます。

レンタル★

バーナー&鍋セットのレンタルがあります。レンタルの詳細についてこちらをご覧下さい。

食事
  • 駒の小屋は素泊まりのため、夕食と朝食はご自身で食材を用意しバーナーで調理して召し上がって頂きます。小屋でも簡単な食料や飲料水を購入出来ます。
  • 原の小屋では夕朝食が付いているので、ご自身で食事を用意する必要はありません。飲料用の水もあります(無料)。
  • 行動食:昼食および行動食は、菓子パンやおにぎりなどを各自ご持参ください。まとまった昼食時間は設けないので、調理が不要で小分けして食べられるものをご用意ください。
  • 飲み物:各自お好きなものを持参し、ご自分のバーナーと鍋でお湯を沸かして作ってください。
ナビゲーター

北村ポーリン、小原久典、木村大志

参加費

 28,000円 (税込み)

含まれるもの: ガイド料、保険料

含まれないもの: 現地までの交通費、現地でのバス代、山小屋宿泊料金、食事代(2泊目の原の小屋は夕朝食込み)、温泉代

 定員

15名 (先着順)

お申込み

2019年6月27日(木)~8月19日(月)

支払い方法: 銀行振込、クレジットカード(Visa, Master) *参加費の振込み確認をもって受付完了とします。


お申込みの際に下記を必ずお読みください:

 

最終案内

5日前までに当日の確認/注意事項を案内する最終案内メールをお送りします。

お申込み時に登録されたメールアドレスに送りますが、特に携帯メールアドレスの場合、迷惑メールと間違えられて届かない場合もあります。案内が届かない場合、大変お手数ですがshop@adventure-divas.comまでご連絡ください。

保険

万が一のために、参加者のための傷害保険に加入しております。 ⇒保険内容

承諾書

お申込みされる前に承諾書を確認し、承諾された上でお申込みください。 ⇒承諾書

中止のご連絡

雨天決行ですが、台風など明らかな悪天により中止となる場合もあります。その判断は前日の午後9時までに行い、ウェブサイトとメールでお知らせします。また、天候その他自然条件によりコース等変更になる場合もあります。

キャンセル

お申込み確定後にお客様の都合によりキャンセルされる場合は、以下の条件が適用されます。
 • 事務手数料: 2,000円
 • キャンセル料: 当日100% 前日50% 2-3日前30% 4日前以前0%

※例えば開催日が10日の場合、6日の24:00(7日の0:00)以降だとキャンセル料が掛かります。
上記料金を差引いた金額に相当するポイントを、お客様のアカウントに還元します。
現金での返金は致しかねますのでご了承ください。また、ポイントは現金とお引換えできません。
保険のための登録が必要なため、代理参加は受付けておりませんのでご了承ください。 ⇒キャンセルポリシー&ポイント還元

スケジュール

大幅なスケジュール変更なきよう最善を尽くしますが、アウトドアイベントの性格上、終了時間はあくまで目安とご理解頂き、当日のご予定に無理がないようご協力お願いします。