· 

テントむし山旅「信越トレイルスルーハイク」

今年はついに!全長80kmある、日本でも代表的なロングトレイルを歩きます!

 

信越トレイルとは??

・長野県と新潟県の県境にある標高1000m前後の関田山脈。そのほぼ尾根上にある全長80kmある日本を代表するロングトレイル

・冬には5m以上の雪が積もる豪雪地帯でなかなか人の手が入らず貴重な原生林に近いブナ林などの植物がある山です

 

この信越トレイルを

斑尾高原から天水山方向に

1日10km~20km進み

4泊5日で80kmをスルーで歩きます!

(※もちろん途中参加、離脱ありです)

どんなロングトレイル、ツアーか写真を見てみましょう♪

初日はまず斑尾山に登ります。冬はスキー場で急坂なのでつづら折りにジグザグと

斑尾山を越えたあとは森の中の細かい登り下りが多いです。

ところどころで新潟県側や長野県側の景色を楽しむこともできます

日本海側に面する関田山脈は日本有数の豪雪地帯で雪の重さで変形した面白い形をしたブナの木がたくさん

座りたくなりますよね

黄金色に輝く湿原

信越トレイルには16の峠があり、昔の人はこの峠越えて信濃と越後を行き来していたそうです

上杉謙信の軍勢が行き来したという峠もあります

歴史を感じます

長野県の飯山側の風景

千曲川や志賀高原などが見えます

そして!山の楽しみよいったらご飯!

スタッフが山の麓から地元で採れた信州産のキノコや根菜類、お肉などを仕入れて皆で料理しながら

お腹いっぱい食べます♪

輝く「みゆきポーク」

見てるだけでよだれが出ます

秋の具だくさんスープ

寒い時期にこのスープは心と体に染みわたる

真っ赤に染まるテント場

自分だけの家でゆっくり休みます

5日間もあると天気がいい日ばかりではなく雨や、真っ白にガスって何も見えない日も

でもブナ林では妖精の出てきそうな神秘的な風景を見れるかも

皆、足にまめが出来ないように休憩では靴を脱いで汗を乾かします

決して楽な道のりではないけれど、歩き切るという強い気持ちで頑張ります!

この長い旅で苦労と感動を共にした最高の仲間

車サポートもあるので下山後の着替えや、重いものは預けることも可能です。

また、水場が少ないトレイルなのでサポート車があるのはとても貴重です!

 

さぁ!この秋、ロングトレイルに挑戦してみませんか!

2018/10月6日(土)7日(日)8日(月祝)9日(火)10(水)

詳細はこちら

Write a comment

Comments: 0