· 

トレイルランナーズフォーラム2018に行ってきました

日本トレイルランナーズ協会 (JTRA) 主催の「トレイルランニング フォーラム2018」に行ってきました。(じつは協会立ち上げの時から理事メンバーなのです。地味だけれど皆様の補給にとっても大切な弁当引換券デスクを担当してました(笑)皆様、デスクに立ち寄って頂いてありがとうございます!(^_^) ポ) 

 

このフォーラムの目的は、みんなで『トレイルランニングについて色々な面から考えよう、トレイルランナーとしての意識を高めよう』ということで、そうそうたる方々から学べるトレーニング方法から山の天気まで興味深いセミナーや講演が色々ありました(下記、フォーラムのスケジュールです)。

あー、全部出てみたい!でも時間的に2ヶ所しか行けず。私はアドベンチャーレーサーの田中正人の『地図読み講習』とターザンの大師匠内坂さんの『100マイルを笑って走るための心拍トレーニング』セミナーに配置。スタッフだったけれど一緒にいっぱい勉強させてもらいました!

大人気の地図読みセミナー。1時間半では伝えきれなくてタイムオーバーになってしまいました。

みんなもっと地図読みを勉強したかったらぐるぐるナビにおいでー!(笑)

まるまる1日、2日、頭が等高線でぐるぐるになるまでたーっぷりやりますよ!

 

トレイルラン 心拍トレーニング講習会

ターザン(雑誌編集ライター・エキスパート・「トレランの父」的な存在)内坂さんのMAFFETONE METHODに基づいたトレーニング&食事方法。

以前も教えて頂いて実行してたのですが、体が変身します!(ずっとサボってたら戻ってしまったけれど(^^;))

 

ウルトラランチ

お弁当はただの弁当ではなく、<ウルトラ・ランチ>の豪華健康ビーガン弁当でした!

美味しかった~ (弁当配布担当、大事でしょ^^) 

 

トレイルラン協会主催のトレイルランフォーラム

午後はパネルディスカッションで日本のトップ選手の話しを聞いたり、大会の救護体制について学んだり。

 

ディバズではお仕事としてトレイルランツアーや講習会を主催し、ロゲイニングやUTMFなどの大会運営にも関わっています。なので安全管理、応急処置、天候、読図、体力作り、補給方法、装備などについて常に意識して常に考えています。そういう意味では私にとって興味深いというより、すべて必須項目です。山やアウトドアの仕事ではある意味「慣れ」が一番怖い。このようなフォーラムで同業者や色々なエキスパートの意見や考え方を聞いたり、最新情報も聞けてとても貴重な時間でした。

 

フォーラムが終わってから理事会が行われ、ここでまたトレイルランニングをスポーツとして日本に根付かせるための組織体制や協会としての方針やアクションプランについて会議。とても難しくて大変だけれど、環境問題を含め、向き合わないといけない問題ばかりです。

 

10年前、ディバズがトレラン講習やイベントを始めた頃は、トレランをやっている人がまだまだ少なくて大会も全部で4~5個くらいしかなく、日本ではまだ草の根的な超マイナーなアウトドアスポーツでした。それから、大会がどんどん増え、トレラン人口も増え、環境のことや安全性やトレイルランナーのマナーについて世間からの批判の声も出てきたので、個々でバラバラに動くよりさすがに一つの声として色々取りまとめる協会が必要になってきた。ディバズは特に初期の頃は、微力ながらトレランを広めるお手伝いをしてたかもしれない。今までたくさんのトレラン講習やイベントを開催してたくさんのお客様を山に案内し、そして今までたくさんの人とたくさんのお山にお世話になってきた。だから将来みんなトレランを楽しく続けられるように先輩方に声を掛けられたとき協会に入りました。

 

JTRAのような組織にも入っていますが、日々やっているディバズでは、自然の中で「遊んで楽しむ」ことを大事にしています。そして「遊びながら学ぶ」ということも、ディバズのもう一つの大きなテーマなので、各イベントにできるだけ毎回なんらかの山の知識やスキルを盛り込むようにしています。山で遊んでいたらいつの間にか体力と色々な知識、スキルやノウハウが身に付いてた的な学びがフィールドでの体験や経験にしっかり結びついているPlay & Learn方法です!(^^)

 

最近増えている大きい大会などに比べて、とても小規模だけれど、皆様が今後も少しでも安全に楽しく山を走り続けられるように、ディバズのイベントに山の知識やスキルをしっかり盛り込みながら、10年前と同じように草根的にこじんまりと続けていきたいと思っています。

 

 

~ポーリン~

 

 

日本トレイルランアーズ協会(JTRA)

http://trail-runners.net/