晩秋テント泊は寒くて眠れない?!快適に過ごすには

下界(街なか)はまだまだシャツ1枚+はおりもので過ごせるナイスな季節。

ですが、山の上では冷たい風が吹き、標高が高い場所ではすでに霜がおりています。

ディバズスタッフも10月あたまに妙高山テント泊に行ってきましたが、登山靴が凍らないようにビニール袋に入れて

寝袋の中に入れて寝ました。

 ディバズのテントむしでは、秋冬は標高などの条件を下げているのでここまで寒いところへは(たぶん)行きませんが、夜しっかり眠れないと疲れも取れませんし何より楽しくない。。。そこで、快適に眠れるポイントをいくつかご紹介します!

●インナーシュラフまたはシュラフカバーを装備する

 

シュラフは、羽毛の重なった部分であたたかい空気の層を作って、全身を包む構造になっています。

シュラフカバーはそのあたたかい空気の層の上からさらに蓋をする役割になり(結露防止の役割もあります)、

インナーシュラフもまた、二重に防寒できるので非常に有効。

逆に真夏は、このインナーシュラフだけで眠る人もいます(高地はのぞきます)。

 

●プラティパスで湯たんぽを作る

 

プラティパスは熱湯を入れてもOKな構造になっています。夜寝る前にお湯をわかしてプラティパスへ♪

あったか湯たんぽのできあがり。

購入したときについていたフタを捨ててはいけません!あれもエクストラでフタだけ買うと地味に数百円かかります。

ペットボトルのふたをむりやりねじ込んでもいいですが、夜寝ている間に漏れることのなきよう・・・

 

また、ナルゲンボトルでも同じように湯たんぽが作れます。

 

●お尻・背中・腰回り・「三首(首・手首・足首)」を暖かくする

 

冷え込みやすいのは脂肪の多いお尻・神経の集まっている背中・その間の腰周りです。

ダウンパンツや腹巻き、ネックウオーマーなどをうまく使って快適なテントライフにしましょう♪

秋冬テントむし

 

鈴鹿山脈 御在所岳(三重県) 11月25日~26日

https://www.adventure-divas.com/trips/tentomushi/11-25-26-tm御在所岳/