秋のバターナッツかぼちゃスープ(9/23開催FUNFUN@明神ヶ岳)

今回のファンファンは箱根側からスタートし、金時山に越えて南足柄への縦走。

南足柄を代表する箱根の外輪山の一部である明神ヶ岳では、山頂から朝通ってきた金時山と、その背後に富士山が見えました。

明神ヶ岳は山頂の広い眺望の素晴らしい山ですが、秋冬になると風が強くて寒いです。幸いこの日は風もなく、ゆっくりと山頂でお休みすることが出来ました。

山頂での今回の差入れはバターナッツかぼちゃのスープ、かぼちゃの種のトッピングもお洒落な山料理でほっこり温まります。

 

● 作り方

カナダで秋になってマーケットにいろいろなかぼちゃが出回るようになると、よく作っていたスープです。オリジナルレシピでは「バターナッツスカッシュ」と「リーク」でしたが、どちらも日本ではなかなか手に入らないので、普通のかぼちゃと長ネギで代用しても大丈夫。今回は信越五岳の帰りに立ち寄った道の駅でバターナッツスカッシュをゲット、リークの代わりに長ネギの白い部分を使いました。

 

材料: バターナッツかぼちゃ、長ネギ、バター、クローヴ、牛乳、生クリーム、粉チーズ、かぼちゃのタネ、塩コショウ

① かぼちゃをサイの目に切り、鍋にお湯を入れて20分ほど茹でる。十分に柔らかくなったら少々置く。

② ネギ(白い部分だけ)を細かく刻み、バターを溶かしたフライパンで炒める。

③ ①のかぼちゃを鍋から取り出し、ミキサーにかける。網で漉す。

④ ②のネギに①のかぼちゃの茹で汁を足し、やはりミキサーにかける。網で漉して③のかぼちゃと混ぜる。

⑤ かぼちゃとネギの漉したものを鍋に戻し、牛乳を加えて火にかける。①のかぼちゃの茹で汁で濃さを調節する。

⑥ クローヴを細かく砕き、⑤に投入。塩コショウで味を調える。

⑦ 粉チーズと生クリームを加え、ひと煮立ちさせて完成!

⑧ カップに注ぎ、かぼちゃの種をトッピング(クルトンでも可)。