ファンファン夏合宿のスタッフをご紹介!

ファンファン河口湖・夏合宿がいよいよ来週開催されます。

今回はいつものファンファンナビゲーターかばっちに加え、豪華スタッフが集結して合宿を盛り上げます。ファンファンレギュラーの皆さんも、ここしばらくご無沙汰という昔のレギュラーも、シンデレラがなくなって以来しばらく走っていない山ガールズも、一緒にUTMFのハイライトを走りましょう!

この3日間をクリアすれば、友だちにUTMFコースのうんちくを語れますよ♪

ランだけでなく、ポールを使った持久力アップのトレーニングや、夜の星空散歩など盛りだくさん、まだお申込み受け付けています!!

 

今回の合宿スタッフは以下のメンバー、それぞれの特技を活かして合宿を盛り上げます。

まずは樺澤秀近(かばっち)、いつものファンファンナビゲーターが、今回3日間のコースをリードします。かばっちは「砂漠ランナー」としてNHKの取材を受けるなど世の中に知られていますが、これまでUTMFも2度走っており昨年はスイーパーを務めました。冷静な技術屋然とした外見(実際に本職はシステムエンジニア)と、過酷な条件でのロングコースに挑戦するマニアックな砂漠ランナーのギャップが面白いS系です。

また実は天体観測が趣味で、昔長野に住んでいた頃プラネタリウムでアストロナビゲーターをやっていたことがあり、今回も晴れていれば星空散歩にご案内します。そちらもどうかお楽しみに♪

もう一人のナビゲーターは、長野飯山市から駆け付ける服部正秋(まっちゃん)、2012年にはファンファンやノルディックトレイルの講師を受け持ってもらっており、昔のディバズレギュラーには懐かしい顔です。現在は妙高にあるアウドドア専門学校の先生として働いており、若い学生たちにアウトドアスポーツの魅力と感動を伝えています。

元々はクロスカントリー選手で、学生時代には学生チャンピオンも獲っているトップアスリートで、現在でもスキーやノルディックウォーキングを通じ地域に根差したスポーツ啓蒙活動に取り組んでいます。持久系のトレーニングが専門で、今回ポールを使ったストレッチトレーニングを予定しています。

木村大志(キムちゃん)は服部先生の教え子で、現在そのアウトドア専門学校の3回生。ディバズには昨年から研修生としてファンファンを中心にイベントのお手伝いしてもらっています。

高校まではノルディック複合選手として地元秋田で活躍していましたが、専門学校入学後はトレイルランに目覚め、昨年信越五岳3位、今年のスパトレイル7位と、最近メキメキと頭角を現している若手有望株。笑顔が爽やかで秋田なまりがチャーミングなイケメンです。今年の信越五岳では、UTMFでも入賞しているあのサンゲ・シェルパのペーサーを務める予定。

今回山ではかばっちをサポートしてトレイルランのリード、ラン後はまっちゃん先生のお手伝いでポールストレッチを指導と大活躍する予定。

そして今回合宿の総監督は、ご存じディバズ代表の北村ポーリン

カナダ生まれのカナダ育ち、山の遊び方についてそのパワーと独創的な発想では右に出る者がいません。9年前にディバズを始めてから、自然のすごさと面白さをごく普通の人たちに伝えてきました。ファンファンはその核となるプログラムで、ファンファンから巣立ってトレイルランやアウトドアにはまった参加者は数知れず。

本人は以前はアドベンチャーレーサーとして活躍していたが、最近は長距離を長い日数をかけて踏破するレースに多く参加しています。UTMFでは大会企画運営にも関わっており、今回合宿では大会運営にあたっての苦労話なども聞けるかも。

今回合宿のベースとなる宿「イエスタデー」のオーナーシェフの堀内敏彦(トシ)

河口湖・勝山が地元で、父親の代からこのペンションを経営しています。若い頃は料理の修業でオーストラリアに遊学して腕を磨き、彼の洗練された西洋料理を目当てに泊まりに来る常連客も多くいます。奥さんの文枝さんともどもトレイルランナーで、仕事の合間に近所の山を走ったり、トレーニングのために富士山に登ったりと、河口湖ライフを心からエンジョイしています。UTMF大会の際は海外選手の受入れ宿として深く関わっていて、自身も一昨年はSTYに挑戦しました。

今回は宿での受入れはもちろん、毎日のコース登山口までの送り迎えなど縁の下の力持ちをお願いしています。最終日は庭にある専用スペースでのBBQもお楽しみに♪