ユーコンの空から

3月も中盤にさしかかり、だいぶ春らしい日が多くなってきました。

そんな中、遠く北米カナダで、「真に地球上で最も厳しく、冷たく、最も風の強いエクストリームウルトラマラソン」であるアドベンチャーレースにチャレンジしている日本人がいます。

アドベンチャーディバズで「ファンファントレイルラン」のナビゲーターを務める樺澤秀近「かばっち」です。

 

 レースはイーグルプレーンズをスタートしてタクトヤクタックまで総距離566km。移動日数9日間。予想される気温はマイナス50度とも、90度ともいわれている。食料・衣料・調理器具・寝具などのすべての装備はソリで引きながら運び、途中チェックポイントでお湯をもらうなどのサポートは受けられるにしても、極寒の極致での完全自立フットレース。

 自らのコンディションには常に気を配り、凍傷にならないように注意をはらい、さらにソリが不調に陥らないようメンテナンスも必要。そんな中、ときに人をなぎ倒すような暴風に見舞われたり、かと思えばコンディション次第では風も止み、天を舞うオーロラがレーサーたちを歓待してくれる可能性も。。。かばっち、どんなチャレンジをしてくるのでしょう!!!

 

ちなみに、砂漠のレース経験者でもあるかばっちは砂漠で50度を経験しているので、今回マイナス50度を経験してきて上下の振り幅感(?)を体感したヒューマンとして(地球上にそれほど多くないと思われる:ディバズの予想では)バージョンアップして帰ってきてくれるのを楽しみに待ちましょう!(^^♪

 

ファンファントレイルランは普通にこれから暖かい日本で開催しますよー!!(笑)

かばっちのお土産話が聞きたい人もぜひ!爽快にトレイルを流しましょう(^^♪

 

ファンファントレイルラン

 

※コースの距離に不安がある方は事前にお気軽にご相談ください。

 

旅のメモが詳細に書かれたかばっちブログはこちら

 

http://adventure1973.blog.shinobi.jp/

 

ちなみに:かばっちが挑戦中のレース「6633 Arctic Ultra」の様子が動画で見てみたい方は同主催のFacebookページへ

https://www.facebook.com/6633ArcticUltra/

 

※このページの写真はかばっちのブログよりお借りしています